バイナリーオプションと税金

雑所得に対する課税

雑所得って、給与所得とか一時所得以外の所得のことを言うんですよね。

雑所得には、公的年金やアルバイト収入、実用新案権の使用料、株式売買の利益などが当てはまるんでしょうね。

雑所得に対する課税についてですが、外国為替証拠金取引の場合には、売買差益及び受取スワップは申告分離課税で雑所得として20%も税金で持って行かれるみたいですね。

他にも、取引した会社に手数料がかかったりすると、せっかく利益が出ても、手元に残るのは少なくなってしまうこともあるんでしょうね。

ということは、外国為替証拠金取引にかかった時間と利益を考えると・・案外ムダが多いってことなのかも。

よほどそういうことに精通している人じゃないと、大きな利益を得て賢く運用・・というわけにはいかないんでしょうね。

結局、庶民は損をすること、ムダなことの方が多いってことなのかな・・。

不条理な世の中ですよね。

この税金のかけかたも、少し考えてくれればいいのに・・。

20%は大きすぎませんか?

もし、給料が20%減らされるということになったら、きっと生活に支障をきたしますよね。

それと同じくらいの割合を雑所得だからといって、庶民に負わせるのは、やっぱ不条理なんじゃないでしょうか。

 

サスティ白髪染めの口コミ
Copyright (C) 2011 バイナリーオプションと税金 All Rights Reserved